クラウド型監視カメラサービス

従来の監視カメラシステムでは録画映像を保存するDVRやNVRなど稼働する機器のメディア交換やディスクの追加や交換が必要でしたがクラウド型監視カメラサービスではその必要がありません。

また、監視カメラ設置場所にて機器の盗難・破壊や放火等でも、映像はクラウド型監視カメラサービス内のアーカイブデータベース内に残りますので事後での検証も可能となります。

複数拠点の監視カメラ映像を、インターネット経由にて一元管理ができますので監視員の人数を最小限に抑え、監視体制をスリム化いたします。

災害時に監視カメラシステムを通じて遠隔の火災や建物の被害状況を確認し被害の拡散防止に役立てることができます。


CSR個人情報保護に関する基本方針サイトマップ
All rights reserved.